TOP About Gallery Memo Link blog

Mochのごった煮〜

since2007.01

NLE(Niconico Live Encoder)プリセット配布
「Moch.ini」「Moch2.ini」「Moch3.ini」「Moch_LL.ini」について

このファイルは、niconico live encoder(NLE)用のエンコードプリセットです。
限られたビットレートの中で、メリハリのある画像を目指し制作しました。

※自作プリセットの導入は公式のサポート外の行為になります。また作者も一切の責任を負いかねますので、自己責任で導入をお願い致します。
※このファイルの2次配布、改造は禁止させていただきます。
※ファイルをダウンロードすることで、これらに同意したとみなします。
【導入方法】(Vista,Win7,Win8)

まず、NLEをインストールしてあることが前提です。
※zipファイル同梱の「NLE設定.rtf」もご覧になる事をおすすめします。

ダウンロードしたファイルを任意の場所に解凍(展開)してください。

NLEが起動していない状態で、次のパスにある「nicoliveenc」フォルダを探してください。
ローカルディスク>USERS>○○○(ユーザー名)>AppData(隠しフォルダ)>Roaming>niwango, inc>nicoliveenc

もし見つからない時はスタートメニューのプログラムとファイルの検索から、「%AppData%\niwango, inc\nicoliveenc」のキーワードで検索。

展開したファイル内の「presets」フォルダを「nicoliveenc」フォルダへコピーしてください。
(すでに「presets」フォルダが存在する場合は、上書き、統合してください)


NLEを起動。
フルモードにし、詳細設定タブを選択、切り替えます。

エンコード設定の中の「プリセット」から「Moch」、「Moch2」、「Moch3」または「Moch_LL」を選びますす。
(初めてのときは「Moch3」を選択してください。)

「適用」を押して、導入は完了です。
※「Moch」「Moch2」「Moch3」「Moch_LL」の違い

これらは設定の思想が違っています。映像ソースや好みにあわせてお選び下さい。

「Moch」 はコントラストを上げ過ぎずに画面全体の動きを重視し、ブロックノイズをやや発生しにくくしています。
「Moch2」 は細部のディテールを重視し、文字情報なども見えやすくなります。
「Moch3」は「Moch2」の進化系で、ややざらつきのある映像でブロックノイズも目立たなくなっています。
「Moch_LL」は、上記のプリセットだとPCが重い人に向けた低負荷プリセットで、低負荷だけどその中でできるだけ綺麗にを目指しています。
「CPU負荷」を下記の5つから選び、「適用」して、導入は完了です。
【CPU負荷】(Moch,Moch2,Moch3)
エンコード設定の「CPU負荷」からいくつか設定を選べます。

[Heavy]
画質優先で、CPU負荷の高い設定です。

[Medium]
CPU負荷と画質のバランスを取った設定です。

[Medium-Light]
MediumとLightの中間のやや軽め設定です。

[Light]
CPU負荷の高い設定を削った設定です。

[LowRag]
ラグの発生しやすい要素を削った設定です。


[Medium]が基準になっていますが、お使いのPC負荷の様子を見つつ、重いと感じたら軽めの設定に変えていってください。
もし、[LowRag]でも重いと感じたときは「Moch_LL」のプリセットを試してみてください。


Moch_LLのCPU負荷について
Moch_LLの「Medium」は、他のプリセットの「LowRag」に準じた設定になっており、
[Medium]を基準として[Medium-Light][Light][veryLight][superLight]と、PC負荷と供に画質も下がっていきます。
PC負荷の様子を見つつ良いところに設定してください。

ダウンロード

NLEプリセット_141130版(右クリックで保存)
質問は、 こちらのブログ記事のコメントへどうぞ。
inserted by FC2 system